LOGO工房    アピcom・かわら版   icard(アイカード)    INAKAKOUBOUいなか工房

   いなか工房・教育用フリーソフト ダウンロード



  
SENGA:提示画面への書き込、素材を作るツール

icard:協働複線型デジタル教科書提示ツール

RICE:プログラミング教育デジタルノート作成ツール

アピcom・かわら版:職員打ち合わせ、朝会簡易グループウェア

 (C)inakakoubouKANAI  
いなか工房のWebページは、日本語が使えるファーストクラスを使わせていただいています。



 ▲TOP
教材を作る・提示画面への書き込みツール
SENGAは、デスクトップの左上に小さなアイコンを表示します。
アイコンをクリックすると、デスクトップ全体が静止画になり、そこに線を入れたり、切り取り、移動、回転ができます。
資料を提示しているとき、線を入れるなどしての説明に利用できます。
また、切り取り、写真の機能で、画面の一部を切り取りJPEG保存できますので、大きな写真の一部を切り取り利用したいときに便利です。
SENGA   SENGA.zip のダウンロード 2.4MB
  WindowsXP〜 10で動作確認済み
1.解凍後、SENGA.exeを起動します。
2.左上にSENGAのアイコンが提示されます。
3.アイコンをクリックすると、画面全体をハードコピー画面にして、線画、切り取り、移動、回転、JPEG保存ができるようになります。
  
 教材作成で、画像の一部を切り取って使うことが多いので、KAMEブラウザの線画の機能をSENGAとして単体にしました。
 ▲ TOP




  ▲TOP
協働複線型デジタル教科書提示ツール
 教材提示が一般的なプレゼンと大きく異なるのは、教材提示では、学習者の反応に応じて提示内容を変えていかなければならないことです。さらに、準備していなかった内容を利用したいときがあります。icardは、その場で提示資料を選べ、その場で新しく追加、修正する作業も見えやすく(作業も演出)なっていて、アドリブに対応した提示ツールです。
 複数の学習者がicardを利用して、お互いの画面に提示することもでき、協働学習に利用することもできます。
ソフト名 
アイデアカード icard (アイカード)     ・アイデアカード
(カード型プレゼンテーションソフト + コラボレーション機能)
 解説 アイデアカードのホームページ http://www.microworlds.jp/logo1/icard/index.html へのリンク
授業でのプレゼンを作り、プレゼンするソフトです。
理科の授業で、ほぼ毎日使っています。単線型教材を得意とするPowerPointなどと違い、複線型の教材として利用できるので、毎日の分の自作教材を作って運用できるほど、短時間に教材作成が行え、修正作業を生徒に見せることを前提に文字を大きくしていてプレゼン中の修正があっても授業を止めません。
開発環境 利用環境:Windows XP 〜Windows10で動作確認済
教室の大型ハイビジョンモニタにPCから提示する環境を前提としています。
  モニタは、1920×1080  を推奨。(縦横比が同じモニターをご利用ください。)
プロジェクターを利用する場合は、PC画面サイズで投影できるプロジェクターをご利用ください。
ダウンロード
 icard(MWEX).zip のダウンロード 24.2 MB 

icard を実行するのに必要なファイルは、 icard.exe です。
○新規に教材を作成するときは、教材フォルダを作って、icard.exe を入れて起動します。

○インストールは、不要です。解凍後、そのまま起動して利用できます。不要になったらフォルダごと削除してください。
○メモリーカードなどに保存すれば、そのまま持ち歩き利用できます。
※ 生徒等に配布するときは、動作できる環境で、書き込み可能なメディアで起動すること、作成時の著作権、セキュリティーについて、ご指導ください。


イオン式・化学式カード.pdf へのリンク
シミュレーションの利用.pdf へのリンク
デジタル名札.pdf へのリンク
ネットワーク.pdf へのリンク
協働学習.pdf へのリンク
研修会での共有機能の利用.pdf へのリンク
入門icard.pdf へのリンク
概略 

情報を付箋紙やカードのようにして提示し、移動したり、リンクしたりして、アイデアを練るのがアイデアカードという発想です。アイデアカードを実行するシステムとして、icard(アイカード)を開発しました。
icardでは、プレゼン機能として情報をカード形式で提示し、マウスで移動、拡大ができます。カードからのリンクで画像・動画・シミュレーションを提示し、画像・動画・シミュレーションの上に線画を描き、学習のポイントを示せます。
教材の作成も簡単で、作成中の文字も大きくしてあるので、授業の進行中に補足資料から教材を追加しても学習者からよく見えるので、授業を止めることがありません。
サーバーを利用すれば、学習者がicardで背景やカードを作成し提案することで、みんなで模造紙に書き込むような学習活動を行うことができます。
icardの教材は、構造化され、授業では学習者の反応に応じて必要なカードを利用することができます。従来の単線型の提示型学習ソフトと異なり、必要なところだけをどこからでも利用することができます。


・ 体験版マイクロワールドでLOGOの作品を起動できます。体験版マイクロワールドを利用するときは、icardと同じフォルダにMWEXのフォルダを置きます。
   作品を保存する場合は、製品版のマイクロワールドが必要です。

 
  授業で使うソフトとしては、最高だと自負しています。教材で一番重要なのは資料性です。動画資料、写真など、これまで収集したものをicardを利用することで毎回の授業で利用できることができました。プレゼン資料もほとんどicardを使うようになりました。数十人以上を対象にした、いわゆる質疑応答がないようなプレゼンなら、従来のプレゼンシステムでも良いでしょうし、どうせならビデオにしても良いかもしれません。しかし、質疑応答があるプレゼンでは、icardの様々な機能は大変に便利です。 

▲ TOP





  ▲TOP
プログラミング教育デジタルノート作成ツール
 学習者ごとの名前のフォルダを作り、その中で利用します。
 ブラウザ機能を使い教科書として説明を読み、左のアイコンからマイクロワールドEXを起動して作品を作ります。
 学習者名のフォルダは、そのままポートフォリオとして利用できます。
RICE   RICE.zip のダウンロード 23.9MB                         
※RICEは、教材ごとに名前を変えて利用します。
  WindowsXP〜 10で動作確認済み
 RICEは、モジュール化されたテキストとマイクロワールドEXの作品を閲覧・起動する教材にするためのソフトです。
 教材モジュールに同包されたRICE(教材の名前に変更されている場合もある)を起動すると、テキストが閲覧でき、ボタンやリンクからマイクロワールドEXの作品を起動できます。

 <RICEで作った「プログラミング基礎講座」の例>


<RICEで作った「LOGOのおにぎり」の例>
  
△作品フォルダの中に教材が入り、教材ごとに環境設定ファイル(教材名.txt)でカスタマイズできます。
<カスタマイズ機能> 
■■■■■ RICE.exe 環境設定ファイル RICE.txt ■■■■■
<TATE>768</TATE> ------------------ 起動したときの画面の縦サイズ
<YOKO>1150</YOKO> ----------------- 起動したときの画面の横サイズ
<EXE2>マイクロワールドEX\mwex.exe</EXE2> -----体験版、又は製品版のMWEXのファイル
<COLOR>5</COLOR> ---------------- 壁の色(1:白 2:灰 3:黄 4:緑 5:青 6:赤)
<HOME>+</HOME> -------------------- HOMEのアイコン(+を-で非表示)
<KAME1>+作品1.mwx</KAME1> --------- 作品1(+を-でアイコンは非表示)
<KAME2>+作品2.mwx</KAME2> --------- 作品2(+を-でアイコンは非表示)
<KAME3>+作品3.mwx</KAME3> --------- 作品3(+を-でアイコンは非表示)
<KAME4>+作品4.mwx</KAME4> --------- 作品4(+を-でアイコンは非表示)
<KAME5>+作品5.mwx</KAME5> --------- 作品5(+を-でアイコンは非表示)
<KAME6>+作品6.mwx</KAME6> --------- 作品6(+を-でアイコンは非表示)
<KAME7>+作品7.mwx</KAME7> --------- 作品7(+を-でアイコンは非表示)
<KAME8>+作品8.mwx</KAME8> --------- 作品8(+を-でアイコンは非表示)
<KAME9>+作品9.mwx</KAME9> --------- 作品9(+を-でアイコンは非表示)
<KAME10>+作品10.mwx</KAME10> ------ 作品10(+を-でアイコンは非表示)
<KAME0>+NEW.mwx</KAME0> ----------- ゼロから作る作品(+を-でアイコンは非表示)
<PAGETOP>+index</PAGETOP> --------- TOPページ(+を-でアイコンは非表示)
<PAGE1>+PAGE1</PAGE1> ------------- 1ページ(+を-でアイコンは非表示)
<PAGE2>+PAGE2</PAGE2> ------------- 2ページ(+を-でアイコンは非表示)
<PAGE3>+PAGE3</PAGE3> ------------- 3ページ(+を-でアイコンは非表示)
<PAGE4>+PAGE4</PAGE4> ------------- 4ページ(+を-でアイコンは非表示)
<PAGE5>+PAGE5</PAGE5> ------------- 5ページ(+を-でアイコンは非表示)
<PAGE6>+PAGE6</PAGE6> ------------- 6ページ(+を-でアイコンは非表示)
<PAGE7>+PAGE7</PAGE7> ------------- 7ページ(+を-でアイコンは非表示)
<PAGE8>+PAGE8</PAGE8> ------------- 8ページ(+を-でアイコンは非表示)
<PAGE9>+PAGE9</PAGE9> ------------- 9ページ(+を-でアイコンは非表示)
<PAGE10>+PAGE10</PAGE10> ---------10ページ(+を-でアイコンは非表示)
<DIALOG>+</DIALOG> ---------------- フォルダを開くのアイコン(+を-で非表示)
<RETURN>+</RETURN>----------------- おむすびリターンアイコン (+を-で非表示)
<PEN>+</PEN> ---------------------- 線画のアイコン(+を-で非表示)
<OPEN1>.html</OPEN1> -------------- 最初に開く拡張子
<OPEN2>.htm</OPEN2> --------------- 次に開く拡張子
<OPEN3>.mhtml</OPEN3> ------------- 次に開く拡張子
<OPEN4>.mht</OPEN4> --------------- 次に開く拡張子
<OPEN5>.pdf</OPEN5> --------------- 最後に開く拡張子
<WORD>WINWORD.EXE</WORD> ---------- html、htm、mhtml、mhtを開くソフト名
<JPEG>mspaint.exe</JPEG> ---------- gif、jpg、jpeg、bmpを開くソフト名
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
以下のフォルダから構成されています。
 RICE.exe
△作品
▲設定----▲
    ----▲RICE (起動すると自動的に作られます)
    ----マイクロワールドEX

(1)「RICE.exe」は、▲設定フォルダに入っているマイクロワールドEXで起動することでインストール不要で作品を開きます。(作品保存をするには製品版を入れる)
(2)マイクロワールEXのシェイプのフォルダ内の画像ファイルを削除して、新しい画像 ファイル(jpeg、bmp)を入れて「RICE.exe」を起動するとシェイプが変更されます。 この機能で、教材ごとに異なるシェイプを持つマイクロワールドEXを利用できます。
(3)「RICE.exe」は、名前を「4月_頁を作ろう.exe」のように名前を変えて利用します。
このときファイ名の半角_ 以前の文字( 4月_ )は無視されます。
4月_頁を作ろう.exeを起動すると、△作品フォルダにある「頁を作ろう」フォルダの 中の「PAGE1」の名前のついたhtmlファイルをページとして開きます。
作品が無いときにRICE.exe 起動すると、▲設定\▲フォルダから必要ファイルを ▲設定\▲RICEフォルダにコピーし、さらに△作品フォルダの中に必要ファイルとRICE.txtをコピーします。
(4)もしも、htmlファイルが無ければ、mhtmlファイルをページとして開きます。
(5)もしも、mhtmlファイルが無ければ、pdfファイルをページとして開きます。
(6)もしも、html、mhtml、pdfファイルが無ければ、▲設定\▲のフォルダから、 PAGE1.*をコピーしてページとして開きます。
(7)もしも、▲設定\▲のフォルダにページにするファイルが入っていなかったら、 HTML形式のファイルを独自に作ってページとして開きます。
(8)環境設定は、優先して△作品フォルダにある拡張子.txtの環境設定ファイルを開いて 行います。もしも、△作品フォルダに環境設定ファイルが無い場合は、 ▲設定\▲フォルダから、コピーして環境設定を行います。
(9)htmlファイルは、ホームページを作るソフトやWordで編集できます。
  タグが理解できれば、メモ帳で編集することもできます。
(10)mhtml形式は、ワードで編集できます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
  閲覧機能、作る機能に集約したとき、RICEになりました。自然現象を観察しLOGO言語により作品を作ることで論理的・科学的思考力が育つという実践は2007年にはマルチメディアティーチングコンテストで最優秀賞、Intel賞のダブル受賞、2007年にはシーラ大学(韓国)で発表するという機会を得ることができ、それなりの評価はあったと思います。(予定の質疑時間10分は、大幅延長で1時間になってしまいました) しかし、時代は変わりつつあり、プログラミングのような「作る」という作業・技術の習得は、日本人の生活スタイルから消えつつあるようですね。何しろ、自分で作るより、完成品を買った方が安いのですから。

▲ TOP





  ▲TOP
職員打ち合わせ、朝会簡易グループウェア
 簡易エディター、あるいは一太郎で提案を書き込むと、起動しているすべてのかわら版(アピcom)に最新情報が提案されます。さらに、サーバーの中に校務分掌ごとのフォルダを作りますので、市内で共通のデータ管理が行えるようになります。
 市や県からの紙の文書はPDFにして、電子ファイルは、そのままの形式でフォルダに入れれば、自動的にボタンが作られて、かわら版(アピcom)に提示されます。
 一般的なPC環境で利用できますので、かわら版(アピcom)の利用による管理費の増加は、まったくありません。
ソフト名 
 アピcom   ・簡易グループウェア
・プレゼンテーションソフト
(レジュメ印刷できます)
・HTMLエディター
解説 アピcom、かわら版ホームページ  http://www.microworlds.jp/logo1/webtxt/index.html へのリンク
アピcomとかわら版は、アイコンが異なるだけで、他の機能は同じです。
毎日の職員打ち合わせ、連絡に使っています。教室までLANが届いていれば、職員室、教室での連絡にも使えます。市内の共有サーバーに入れれば、市内の連絡にも使えます。(実証済み)
開くページをアピcom(かわら版)のエディターで作るとシンプルで軽快な利用ができます。リッチな画面を作るには一太郎でページを作ります。ワードやEXCELで作ったページは、ボタンから起動のページになります。回覧文書は、PDFにしたものを入れれば、そのまま表示されます。
連絡用のソフトとしては、自由度が高く、シンプルでとても使いやすいソフトです。さらに、下部に表示されているアイコンから、サーバー内の画像を全部のPCに提示したり、メモを入れたり、レジュメを作ったりする機能もあります。
開発環境 利用環境:Windows XP 〜 Windows10で動作確認済
ダウンロード  シンプル アピcom + 【使い方】   一太郎 アピcom + 【使い方】

 シンプル かわら版 + 【使い方】  一太郎 かわら版 + 【使い方】
概略   シンプル版は、アピcom・かわら版エディターで、日報を作ったサンプルが入っています。
一太郎版は、一太郎で日報を作ったサンプルが入っています。
※HELP用に【使い方】が入っています。

※ アピcomとかわら版の違いは、アイコンだけです。同じ機能でご利用できます。
※ インストールは、不要です。解凍後、利用するサーバーの中にフォルダをつくり、その中に保存し、 ネットワークでつながった各自のPCからショートカットで起動できるようにしてください。

 
 教材提示システム「WebTXT」で学校説明を行ったところ、簡単にプレゼンできるということは、打ち合わせに利用できないかと声をかけられ、簡易グループウェアに作り替えたのがかわら版です。その後、市内の小中学校の全校での利用となり、アピcomと名前が変わりました。
  離れた人との打ち合わせには、グループウェアが必要でしょう。しかし、職員室は、普通に声をかけることができる広さなので、排他処理などグループウェアで必要な高度な処理は不要です。それでいて、職員室にいる時間はまちまちなので、担当者ごとの会議をするのは難しいので、かわら版(アピcom)のちょこっと書き込みができる機能は便利です。予算があれば、グループウェアの一部の機能を使っても同じなのですが、ちょっと古いPC環境でも、特別な追加をすることもなく利用したいときは便利です。普及による最大の功績は各学校ごとにバラバラだったサーバーのフォルダ名が共通化され、異動してもそのまま利用できるようになったことでしょうか。

▲ TOP