(C)2018 inakakoubouKANAI  「LOGO工房」 http://www.microworlds.jp/logo1/index.html
問い合わせメール   inakani@jcom.home.ne.jp
取扱 http://www.fcm.co.jp/company/index.html
利 用

このDVDは、小学校〜中学校等でのLOGO言語を使った教育活動での利用を目的として作られました。
開発にあたり  「簡単に作品が作れます。」と言われて、勉強して使ってみたら簡単な同じような物しか作れず、次からは、別のソフトを使って作りましょうでは残念です。LOGO言語なら、小学校から、中学校、高校、一般と継続して利用できる良さがあります。それは、コンピュータの開発言語として汎用性のある文法に基づいていながら、学校の学習活動で使いたい機能に洗練された命令を持っているからでしょう。
 このように優れたLOGO言語を教育現場で利用していくためには、学校の教育活動の場面に合ったどのような作品作りをするかの作品サンプルが重要なのですが、教育現場で作品を作る教員が少なかったために、ほとんど作品サンプルが無い状態が続いていました。そのためにLOGO言語の教材は、ゼロから作っていくことになるわけで、学校教育でLOGO言語を利用したいと思った教員がいても作品サンプルを作る技術をLOGO言語の作品から学ぶことができない状態が続き、教材となる作品サンプルを作ることが困難な状態が続いていました。
 困難な状況でしたが、LOGO言語の命令語は、日本語の意味と合っているので、ブロックを並べるようなプログラミングにしなくても、「日本語で考えることをLOGO言語で説明する」という発想でプログラミングできます。そこで、身の回りの現象をLOGO言語のプログラミングで考えることで客観的な観察、論理的な考え方を育てる学習活動ができることになり、これまで小学校、中学校でのLOGO言語を使った学習指導を続けてくることができました。ここまで続け、小学校から中学校まで継続的に利用できる量の作品サンプルが集まったことで、インストールしなくても作品を利用できる専用の閲覧ソフトとしてKAMEを開発して作品サンプルをDVDにまとめることができました。
特 長  これまで10年以上、実際の学習活動で利用してきた作品や実践例を基にして、500本以上の作品・教材を収納しました。
簡単から、本格的高度なプログラミングまで、小学校から、中学校以降へと継続して利用できます。
DVDをセットするだけで、インストール不要で起動できるようにしました。セキュリティー環境から拒否されません。
DVDで閲覧中のページにある作品をクリックするだけで開けます。
授業利用ではをクリックして教材をデスクトップにエクスポートし、デスクトップにできたフォルダ内容だけで利用できます。

動作環境 WindowsXP〜10で確認済

起 動 インストール不要なので、DVDをセットしてDVDの中にあるKAME.exe から起動できます。  
書込みのできないDVDから起動したときは、デスクトップに【LOGO教材】フォルダが作られます。
【LOGO教材】の中にMWEXフォルダ内から、作品1、作品2が転送されます。(この仕組みで教材配付ができます。)

DVDの中身をすべてサーバーにコピーして、ネットワーク経由で起動することもできます。

操 作       画面の文字、アイコンを左クリックして操作します。



授業での利用例 
小学校「動く絵を作ろう」   DVDの「資料」の中に入っています。

準備

(1) DVDの「資料」を開き を左クリックします。数秒で、デスクトップに【動く絵を作ろう】がエクスポートされます。


 
(2)【動く絵を作ろう】を児童の学習用PCのデスクトップに準備します。

学習活動


評価・発表

(1)児童の作品は【動く絵を作ろう】フォルダで 管理できます。
  ※ フォルダごと児童のフォルダにコピー、あるいは、フォルダ名を児童名にすると便利です。
(2)【動く絵を作ろう】を持ち出して、他のPCを使って作品の発表が行えます。