教科でプログラミング       Logoのおにぎり・テキスト A4版 全ページ
教科の学習のねらいとプログラミング教育のねらいの重なりが期待できる作品集です。
   プログラミング量が少なく、数分間から、多くても30分程度で終わる作品で、印刷したテキストの利用ができます。
   学習環境が整っていれば、教科の学習を行いながら、プログラミング的思考力の学習を行える作品集です。

 ▲TOP 
うごくえをつくろう  国語・図工 
ノートに絵日記を書いていて、「この絵が動いたらなー」と思いますね。
LOGOのページにペイントツールで景色を描き、その上に置いたキャラクターを動かしてみましょう。
この学習では、ページにキャラクターを並べ、キャラクターが動くようにプログラミングします。これらのキャラクターは、カメの形をそれぞれのキャラクターの形に変えたものです。マイクロワールドEXをには、自動で動くキャラクターを作る機能があるのですが、ここでは、プログラミングの原理がわかるように命令語を記述しています。

 ▲TOP 
変身(へんしん)させよう 総合 
「ボタンをクリックしてごらん」 クリックしたら、ゴリラが声を出して変身して、びっくり。
カメの中に2枚の絵を入れて、プログラムで絵を切り替えると、変身します。何に変身させるとおもしろいかアイデア勝負です。
この手法は、とても基本的で応用範囲の広い方法です。切り替える絵の枚数を増やしていくとマンガ映画のようにアニメーションになります。


車窓(しゃそう)景色(けしき) 総合 
「遠景、中景、近景にわけると遠近感が出ます。」と言葉て説明するより、動くキャラクターを見るとわかりやすいですね。
 このプログラムは、電車の窓から見る景色を再現します。遠くの景色と近くの景色では、動く速さを変えて距離感を出しています。LOGOでは、ページの上のカメを動かすのが簡単なので、カメの形を木や建物にして、動かしています。


くりかえし描く 図工 
定規を使ってたくさん線を描いていくと、きれいな絵になって驚くことがあります。「コンピュータを使って、もっとたくさん線を描いたらどうなるのだろう?」と思いませんか。数行で書いたプログラムが無限に線を描き、思いがけない図形を作っていきます。


ボタンで命令(めいれい)  国語・英語 
「ボタンを押して食券を買ってください。」のようにボタンで選ぶ機械がありますね。便利なボタンを考えてみたいですね。
LOGOの命令をボタンに入ると、ボタンクリックで命令を実行できます。いわゆる1行プログラムのようなものです。ボタンの中に他のボタンの名前を入れれば、ボタンから別のボタンの中の命令を実行できます。ボタンを並べて、順番に実行してみるなど、いろいろなアイデアが出てきますね。
 命令語には、英語も使えるので、日本語と対応する英単語がわかります。

 ▲TOP  
(せん)(かお)  総合 
画用紙に線を描くなんて簡単なようですが、ほんとうは、難しいことをしているようです。まずは、どこから線を描くかです。
コンピュータで線を描かせるときには、どの位置にペンを置いて、ペンをどの方向へ動かすか・・・。
プログラミングをしてみると、分析的に考えることになります。


正三角形(せいさんかくけい)(えん)  算数・図工 
三角形はいろいろあるのに、なぜ、正三角形という特別な名前があるのでしょう?
正三角形を並べてみると、円と関係で出てきて、不思議です。 


(むし)  総合 
  クワガタとかカブトムシとか、体がかたいのに、体を曲げて動いています。頭、胸、腹とパーツに分けて体を作って動きを作るアニメーションの技法をプログラミングしてみましょう。
 緑の葉の上をくねくねと虫が動き回り、ほんとうに生きているようです。


(ひかり)屈折(くっせつ)  理科 
光が水そうを通り抜けたり、レンズを通り抜けるに曲がります。カメを光子として、波とは、光子どうしが影響しあっていると考えて、数行のプログラム(カメの中に書けば1行ですむ)で、屈折します。さらに入射角を大きくすると、全反射する現象まで再現されます。

 ▲TOP  
どちらが大きいの  算数 
「赤い●と青い■の図形の面積を比べるには、どうしたらよいでしょう。」おはじきや米粒を並べて、その数を比べるなんていう方法はすぐに出てきます。コンピュータなら、画面のドット数を数えるという方法があります。複雑な形でも面積としてドット数を数えることができるので、校庭と空き地の植物の緑色と地面の茶色の割合を調べることもできます。また、一円玉の写真を使って、直径方向のドット数、面積のドット数を比べて円周率を求めることもできます。


人工知能  国語・英語 
「コンピュータに教えてあげよう。」
コンピュータが知らない言葉を入力すると、その言葉を保存して、次からは、答えられるようにするプログラムです。
コンピュータがだんだん賢くなっていくような気がします。 


SNS 特別活動・総合・国語 
SNSを作ってみるとSNSの仕組みや、SNS利用の問題が良くわかります。
ネットワークでつながっているコンピュータでSNSのプログラムを作って、みんなでSNSが体験できます。 


ドローン  総合 
コンピュータのモニターの中で、ドローンを操縦してみよう。
キーボードの矢印キーを操作して、上下左右にドローンが動きます。

 ▲TOP  
富士山はどこ  総合 
写真の中の富士山をクリックすると、メッセージが出ます。
いろいろな写真で、写真のポイントをクリックすると、そのポイントに応じてメッセージが出すプログラムの考え方がわかります。


ストップウォッチ  特別活動・理科・家庭科・体育 
「教室に大きな画面のストップウォッチがあればな」と思うことがありますね。
コンピュータの中には、時計の機能があるので、プログラムで大きなストップウォッチを作ってしまいましょう。時間になったら、どんなメッセージを出すかは、アイデアしだいです。


円周と直径の比  算数 
カメを1ドットずつ進めて、直線を描きます。続いて、1ドットずつ進めて、円を描きます。
直線のときのドット数と円のときのドット数を比べると円周率が求まります。

 ▲TOP  
月と地球  理科 
月は、地球の回りを1周する(公転)とき、自分も1回転(自転)しています。その様子を地球の青カメの回りを黄色の月のカメを回転しながら回らせます。カメの頭がずっと、地球を向いていることがわかります。
そのとき、地球も太陽の回りを回っているので、月はコイルをずらしたような図形を描きます。


音楽プレーヤー  特別活動・総合 
コンピュータで再生する音楽のファイルには、いろいろな種類があります。プログラミングすれば、いろいろな種類の音楽ファイル、動画ファイルを再生することができます。
月ごとの「お昼の放送番組表」の作品を作り、作品を印刷すると、そのまま月ごとの番組表になり、放送室では放送の機械にコンピュータを接続して今日の放送をクリックしてお昼の音楽を流せます。


スカッシュ  総合 
画面の上をボールが動き回ります。壁に当たると音がして、跳ね返ります。ゴリラの方に向かってきたら、ゴリラを動かしてゴリラで、はね返します。
ゴリラをスライダーで動かすプログラムです。

  ▲TOP











































 2018